結婚式の費用について考えよう!

費用

 

結婚式の費用は、莫大なものになります。

もしかすると、「結婚式のお金が、今までで一番大きな支払いになる…」という方もいらっしゃるかもしれません。

今回は、結婚式に関わる費用について考えていくことにしましょう。

結婚式に関わる費用について

具体的な結婚式の費用

結婚式にかかる費用は、いくつかの種類に分けられます。

大まかにわけると、下記のような費用が発生します。

  • 挙式代
    • キリスト教式・神前式・人前式など挙式に関する費用
  • 披露宴代
    • 披露宴やパーティーの会場使用料
  • 衣装代
    • ドレスやタキシード、色打掛などのレンタル・購入費用
  • 装飾代
    • 装花やインテリア、小物などの装飾費用
  • 料理・飲み物代
    • 披露宴中の新郎新婦・ゲストの料理費用
  • 引き出物代
    • ゲストに渡す引き出物費用
  • 演出料金
    • ムービー・ケーキカットなどに関する演出費用
  • ペーパーアイテム代
    • 招待状・式次第などペーパー類に関する費用

もちろん、結婚式の規模やスタイルによってかかる費用は変わってきます。

なお、結婚式場にはお得なパックやプランが用意されている場合もあり、「まとめて○○円」と設定されているケースが多くなっています。

 

先輩カップルの結婚式の平均費用

結婚式の平均費用は、最も多いレンジが総額200~250万円。

次いで、300~250万円。

そして、150~200万円となっています。

結婚式の費用には差がありますが、100万円単位のお金が動くと考えておきましょう。

 

両親からの援助

結婚式は大きな出費であるため、両親からの援助を受ける方も多いです。

両親からの援助の平均は、総額50万円。

援助額は、両家で折半することが多いようです。

 

たくさんの費用がかかるけど、ご祝儀を考えると…?

100万円単位の費用が必要な結婚式ですが、お招きしたゲストからはご祝儀をいただけます。

ご祝儀の平均が3万円と考えると、100名のゲストをお招きした場合300万円のご祝儀をいただけることになります。

そのため、

  • 「ご祝儀で、結婚式費用が賄えた!」
  • 「実際に自分たちが負担したのは、50万円以下!」
  • 「ご祝儀で、結果プラスになった!」

という方も多くいらっしゃいます。

ただし、ご祝儀をアテにして考えるのはNG。

今後の生活のことも考え、自分たちの無理のない範囲で予算を考えましょう。

「自分の理想の結婚式を実現するためにいくら用意すればいいのかわからない…」という方は、ブライダルフェアで見積もりを出してもらうこともひとつの方法です。

おふたりでよく相談しながら、結婚式の費用について検討してみてくださいね。