結婚式をするメリットとデメリットについて考えよう!

メリットとデメリット

結婚式は、入籍をしたから必ず行わなければならないというものではありません。

結婚式をする・しないは、あくまでもおふたりの自由!

今回は、結婚式をする場合としない場合について、それぞれのメリットとデメリットを考えていくことにしましょう。

 

結婚式をする場合のメリットとデメリット

まずは、結婚式をする場合のメリット・デメリットをチェックしていきます。

 

結婚式をする場合のメリット

一生の思い出となる

結婚式は、おふたりにとって大切な思い出。

あとあと振り返ることも多いシーンです。

また、結婚式を行うことが、「けじめ」と感じている方も多いようです。

 

お世話になった人に一斉に結婚報告ができる

結婚式では、おふたりの大切が人たちが勢ぞろい。

一斉に、結婚報告と今までの感謝の気持ちを伝えられます。

 

両親に感謝の気持ちを伝えられる

結婚式は、両親にとっても大切な瞬間。

大切な娘や息子の結婚式を楽しみにしている親御さんも多いです。

結婚式をすることで、しっかりと感謝の気持ちを伝えることができるでしょう。

 

結婚式をする場合のデメリット

お金がかかる

結婚式には、やはりお金がかかります。

十分な貯蓄がない場合には、結婚式にかかる費用が負担に感じるという方も多いようです。

 

準備に時間がかかる

結婚式は、準備も何かと大変。

仕事などが忙しい方の場合には、「結婚式前は、忙しくて寝る暇もなかった…」なんてケースもあるようです。

 

結婚式をしない場合のメリットとデメリット

次に、結婚式をしない場合のメリットとデメリットをチェックしていきます。

 

結婚式をしない場合のメリット

お金をほかのことに使える

結婚式の出費がない分、ハネムーンや新居にお金をかけることができます。

また、今後のために貯蓄をしておく方も多いようです。

 

精神的負担が減る

結婚式の準備はとても大変。

また、

  • 誰を呼ぼうか…
  • 苦手な上司を招待するか…

など悩んでしまう方もいらっしゃいます。

結婚式をしない場合は、このような悩みは一切なし。

いつも通り、おだやかな日常を送れます。

 

結婚式をしない場合のデメリット

結婚報告が大変

結婚式をすると一斉に報告ができます。

しかし、しない場合には、お世話になった人ひとりひとりに報告をしなければなりません。

 

結婚をしたという実感がわかない

結婚式をしないと、「結婚をした実感がわかない…」と感じる方も多いようです。

もちろん人によって個人差はありますが、儀式としての「けじめ」がない分、実感がわかないのかもしれませんね。

 

まとめ

以上、結婚式をする場合としない場合の、それぞれのメリットとデメリットについて考えてきました。

それぞれ一長一短ありますが、結婚式をすることで思い出になることは事実。

結婚式をするのかしないのか、おふたりでよく話し合ってみてくださいね。