結婚式場との契約について考えよう!

契約

ブライダルフェアに訪れると、「本日契約していただいたら、費用を○○%オフにします」などと勧誘されることも少なくありません。

しかし、場に流されて契約してしまうのは、絶対にNG。

今回は、結婚式場と契約する際に考えるべきポイントについて、お話していくことにします。

 

結婚式場と契約する際に考えるべきポイント

信頼できる結婚式場なのか?

結婚式までの長い間、結婚式場のスタッフとは関わりを持つことになります。

人生の一大イベントである結婚式について相談できる相手は、しっかりと信頼できる相手でなければいけませんよね。

結婚式場のスタッフとの会話で、

  • 信頼できそうか?
  • 相談に乗ってくれそうか?

などを見極めることはとても重要です。

 

希望する日取りは空いているのか?

場の雰囲気に流されて契約したけれど、希望する日取りが予約で埋まっていた…なんてこともあります。

申込金や前金を支払ったあとはキャンセル料が発生する場合もあるので、十分注意が必要です。

いくつか希望する日取りがある場合は、事前に予約状況を確認しておきましょう。

 

本当に自分たちのニーズを満たすことができるのか?

おふたりの理想の結婚式を思い浮かべたとき、果たしてその結婚式場は本当にニーズを満たすことができるでしょうか?

「本当はガーデンウェディングがしたいけど、おトクだから…」などということで契約をしてしまうと、後悔することになるかもしれません。

人生の一大イベントだからこそ、妥協は不要。

しっかりとニーズを満たすことができる結婚式場を選びましょう。

 

予算オーバーとならないか?

ブライダルフェアで出してくれる見積もりは、あくまでも最低限の費用。

オプションなどを追加すると、料金はアップします。

そのため、見積もりは、あくまでも「最低限の料金」と考えましょう。

初期の見積もりの段階で予算ギリギリという場合には、最終的な金額は予算オーバーしてしまうかもしれません。

予算に余裕を持って、見積もりをチェックしてくださいね。

 

疑問や不安点はないか?

疑問や不安点がある状態で契約するのは、絶対にNG。

必ず疑問や不安点を解消してから、契約を行いましょう。

少しでも不安がある場合には、その日には契約せずに、後日不安をしっかりと解消してから契約をしましょう。

 

まとめ

以上、結婚式場と契約する際に考えるべきポイントについて、お話してきました。

結婚式場との契約では、大きな金額が動きます。

契約と同時に申し込みや前金が必要となることも多いので、十分納得してから契約を行いましょう。

おふたりの理想を叶えられない結婚式場の場合には、しっかりと「NO!」と伝えてくださいね。